棚に敷くだけで欠品を検知
シート型欠品検知センサー

 「商品の欠品を簡単・正確に把握したい」

「陳列棚の欠品確認にかかる人と時間を削減したい」

「欠品による機会損失を低減させたい」


厚さ1.5mm以下のフィルム型センサーで商品の欠品を検知
自由度の高い棚割りを実現
Modbus対応で他のシステムとの連携が容易

協業パートナーを募集しています

システムベンダー様、ショーケース/什器メーカー様など システム開発での協業に関するお問い合わせはこちらからご連絡ください

お問い合わせはこちら

シート型欠品検知センサーの特長

商品の欠品を検知

  • シート内に配列されたセンサーで商品の有無の検知が可能です。
  • こまかく棚割された商品を列ごとに識別し、欠品の発生をリアルタイムに検出できます。
  • 事前に重量や画像などの商品情報を登録することなく、棚割の情報のみで在庫や欠品の管理が可能です。

棚に敷いてもかさばらないフィルム型センサー

  • 総厚1.5mm以下のフィルム型の欠品検知センサーです。ショーケースや陳列棚に設置してもかさばらず、商品陳列の邪魔にならず、設置や移動も容易にできます。
  • 制御基盤は棚裏に収納できるので、複雑な配線は不要です。

自由度の高い棚割りを実現

  • シート型欠品検知センサーは、15mm程度のピッチでライン状に複数のセンサーを配列した構成になっています(センサーのピッチは、ご相談下さい)
  • 1枚のシート型欠品検知センサー上に、複数商品の陳列が可能であり、商品を置くスペースに無駄が少ない自由な棚割の実現が可能です。

通信プロトコルはModobusを採用

  • 産業機器業界で一般的に使用されるModbusプロトコルに対応しているので、汎用的なシステムとの連携が可能です。

活用事例

カメラでの棚管理の補完

カメラでの画像認識による商品管理では、カメラの死角となる棚奥にある物品の有無を確認することができません。

シートセンサーを棚奥に敷くことで、カメラで確認できない棚奥の欠品状況も把握することができます。

デモ機をお試しいただけます

欠品検知センサーのデモ機を用意しております。
デモのご要望はお気軽にご連絡ください。

協業パートナーを募集しています

シート型欠品検知センサーを使った物品管理システムのシステムベンダー、ショーケースや什器など製品・サービスの開発パートナーを募集しています。
センサーデモのご要望などお気軽にお問い合わせください。
ご商談の問い合わせはこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

フォースセンサーに関するお問い合わせ

・開発、試作、量産委託のご相談
その他、フォースセンサーに関するご質問・ご相談はお気軽にご連絡ください。

CLICK