方式別タッチパネル紹介

タッチパネルは、モバイル端末ディスプレイや産業用HMI、ハンディターミナル、車載CID、ATMなど、さまざまな製品のユーザーインターフェースとして使用されています。タッチパネルに使用されるセンサーには、対象製品の仕様や用途に応じて様々な方式が有ります。

タッチ方式 投影型静電容量方式
(PCAP)
表面型静電容量方式
(Capacitive)
抵抗膜方式
(RT)
長所
  • マルチタッチが可能
  • 軽いタッチにも反応
  • 油、水滴などの汚染に強い
  • フレキシブル化が可能
  • 構造がシンプル
  • 水滴などの異物による誤動作が少ない
  • 低コスト
  • 指や導体でなくても反応する。
  • 他方式に比べて安価
  • 短所
  • 強電流ノイズの影響を受けやすい
  • ペンや手袋による入力が困難
  • 1点検出のみ
  • 強電流ノイズの影響を受けやすい
  • ペンや手袋による入力が困難
  • フィルムを積層した構造で打鍵、擦傷
      の耐久性に弱点がある
  • 多点検出は困難
  • 他方式に比べて光線透過率が低い
  • タッチ方式 超音波
    表面弾性波方式
    (SAW)
    投影型赤外線方式
    (PIT)
    赤外線カメラ方式
    (IR)
    長所
  • 透明電極不要で透過率が高い
  • ガラス1枚の構造なので耐久性が高い
  • マルチタッチが可能
  • ペン入力可能
  • 透明電極が不要で透過率が高い
  • 透明電極が不要で透過率が高い
  • 短所
  • マルチタッチは2点まで
  • 雨や埃など屋外環境ノイズに弱い
  • 軽いタッチには反応しない
  • フレキシブルには対応できない
  • LEDが必要で構造が厚くなる
  • フレキシブルには対応できない
  • 虫、埃など異物にも反応する
  • LEDが必要で構造が厚くなる
  • フレキシブルには対応できない
  • 虫、埃など異物にも反応する
  • NISSHAのタッチパネルと特長

    NISSHAは静電容量方式タッチパネルのサプライヤーとして、スマートフォンやタブレット、ゲーム機、産業機器などに使われるタッチパネルモジュールを提供しています。

    ベース基材にはフィルムを使用しており、「薄い」「曲面に貼合できる」「大型化に対応できる」など、ガラスタイプのセンサーでは制約を受けるさまざまな設計条件に対応することが可能です。

    スマホ・タブレット

    NISSHAのタッチパネルは、数多くのスマートホン、タブレットのユーザーインターフェースとして使用されています。

    ゲーム機

    業務用端末(モバイルコンピュータ

    フィルムデバイスに関するお問い合わせ

    ・ショールーム見学
    ・開発、試作、量産委託のご相談
    その他、フィルムデバイスに関するご質問、ご相談はお気軽にご連絡ください。

    CLICK