液晶モニターの低温応答性を改善する
透明フィルムヒーター

氷点下では液晶の応答性が低下する

-40°C以下程度の低温環境下では、液晶モニターの応答速度は常温下に比べておよそ10倍低下すると言われています。
そのため寒冷地仕様の自動車では、車載モニターの低温応答性対策は重要な課題です。
この課題を解決するため、NISSHAでは液晶モジュール内に組み込みが可能な透明フィルムヒーターを開発しています。

特長

フィルムタイプの薄膜ヒーター

膜厚100µmのフィルムタイプのヒーターです。
加熱効率に優れた独自の透明導電膜を使用。
高速加熱、透明性、薄膜といった特徴を持っています。

フィルムタイプの薄膜ヒーター

高い透明性(透過率85%)

ヒーター膜の全光線透過率は85%で、透明性に優れています。
透明で薄いという特徴から、液晶とバックライトの間、または
タッチパネルと液晶の間というように、モニターのモジュール
構成の中に組み込むことが可能です。

高い透明性

起動から急速加熱

電源起動から60秒でおよそ40°C昇温します。
また、ヒーター面内の温度分布は均一に昇温することが可能です。
(12V/常温環境下)
電子ミラーのようなドライバーの安全を守るモニターにも活用して
いただけます。

起動から急速加熱

仕様はカスタムで対応

製品設計の段階からサポートが可能です。外形サイズや取出し配線の仕様、
昇温制御など、お客さまの要望に応じてカスタムで設計対応いたします。

耐熱性にも優れる車載仕様スペック対応

組み込み時の構造案

組み込み時の構造案

組み込み時の構造案

用途例

車載向け液晶モニターへの組み込み

サンプルのご提供が可能です

ヒーターサンプルのご提供、開発企画などのご相談を承ります。
問い合わせフォームより、ご連絡ください。

生産体制

タッチパネルモジュール製造で培った生産体制で安定供給

LCDモジュールとしてワンストップ納品対応

NISSHAではフィルムヒーターのみでの納品だけでなく、カバーガラス/タッチパネル/ヒーター/LCDを一体化して、モジュール製品としてワンストップで納品することも可能です。
NISSHAはタッチパネルモジュールの受託生産で数多くの実績をもつメーカーです。
タッチパネルを内蔵した液晶モジュールの製造で培った品質保証体制は、透明ヒーター内蔵モジュールの製造にも活かされます。製品開発から量産対応まで、お客さまをサポートできる体制を整えています。

納品までの流れ

1.受託可能かを確認します

お客さまの要求仕様の技術的難易度をレビューします。
技術部門と営業部門で連携しながら、材料設計、プロセス技術、コストの妥当性などの情報を整理し、受託可能かどうかを検討します。

2.1案件ごとにプロジェクトチームを編成します

受託が可能であることが確認されれば、1案件ごとにプロジェクトチームを編成します。
チームは技術開発、設計、生産技術、評価技術、品質保証の各部門から選任されたメンバーで構成され、 量産化までの計画を立案します。

3.少量生産試作により設計を検証します

小ロットでの試作を通して、設計妥当性を検証します。
量産適性評価、不良モード分析、信頼性評価などを実施し、最適な量産条件を確認します。
試作結果はお客さまにもレポートし、量産へ移行しても問題がないことをご確認いただきます。

4.量産~納品

試作検証結果にもとづき、量産移管文書を作成後に
プロジェクトを量産部門へ移管し、量産を開始します。

5.量産品の品質管理

量産後は安定して製造できているか、不具合品が出ていないかを品質保証部門が管理します。 品質保証部門は設計検証段階からプロジェクトに加わるため、本質的な品質保証が可能になります。

見積り依頼/技術に関する相談

フィルムディバイス開発や量産におけるご相談はお気軽にご連絡ください

CLICK