薄膜から厚膜まであらゆる成膜の領域にチャレンジ

コーティング技術

コーティング技術とは

『コーティング技術』は、主に有機系の塗膜をフィルム上に
コーティングする技術で、塗工技術の基本となっており、幅広い分野で利用することが可能です。

NISSHAのコーティング技術

転写箔の印刷用ベースフィルム塗工で培ってきたコーティング技術を利用し、様々な機能フィルムの成膜にも取組んでいます。
最適な方式で塗工することにより、各種プラスチックフィルムに用途に合わせた機能膜を形成することが可能です。
ナイテック工業では主に2種類のコーティング技術を保有しております。

1.薄膜対応のマイクログラビア®方式
2.厚膜対応のスロットダイ方式

方式の使い分けは塗工するインクの厚みと粘度になります。
この2種類のコーティング方式で、様々な塗工をすることが可能です。

マイクログラビア®方式

マイクログラビア方式

低粘度の塗工液を薄くコーティングするのに適した方式です。バックロールが無いので、裏周り等ありません。膜厚の調整をグラビアの線数と回転数で行うので、微調整が可能。

塗工液の粘度 100mPa・s以下が目安となります。
塗工可能幅 ~1,440mm
膜厚の範囲 2~60µm(Wet)
生産能力 大量生産可能

スロットダイ方式

スロットダイ方式

中~高粘度の塗工液をコーティングするのに適した方式です。スロットダイは密閉状態であるため外からの異物混入などがありません。

塗工液の粘度 100mPa・s以上が目安となります。
塗工可能幅 ~1,440mm
膜厚の範囲 20µm以上(Wet)
生産能力 大量生産可能

NISSHAのコーティング技術で塗工可能な機能

  • フィルムから製品を剥がしやすくするための機能(離型コート)
  • 製品の強度を高める機能(ハードコート)
  • 製品の質感を変える機能(マットコート)

これらをフィルムに薄膜塗工することで、製品への付加価値を高めております。

製品の提供方法

フィルム提供を中心に、お客さまのサプライチェーンや生産体制に合わせて提供することが可能

フィルムの提供 加飾の提供 フィルム+
加飾の提供
フィルム~
成形品の提供
フィルム NISSHA お客さま NISSHA NISSHA
加飾 お客さま NISSHA
成形品 お客さま お客さま

受託生産に関するお問い合せ

受託生産に関するご相談はお気軽にご連絡ください

CLICK