加飾を超えた加飾へ

グラビア印刷

グラビア印刷とは

グラビア印刷のハンコには、セルと呼ばれる細かい穴があいていて、
その中にインキを入れたあと、ドクターブレードという金属の刃で余分なインキをかき取ります。
その後に、印刷する基材と接触させ、圧をかけてインキを転移させます。

NISSHAのグラビア印刷

より使いやすいカタチ、より魅力的なデザインを追求する商品。
そこに求められるものは、より高度な意匠と複雑な形状を実現する“加飾”のテクノロジーです。
この鍵を握っているのがナイテック工業の「トランスファーテクノロジー(転写技術)」、
今までになかった新しい素材への転写や、今まで不可能とされていた形状への転写です。
私たちは“素材”と“形状”、さらには“機能”というフィールドで「転写」の可能性を極限まで追求しています。

グラビア方式

グラビア方式

グラビア印刷のハンコには、セルと呼ばれる細かい穴があいていて、その中にインキを入れたあと、ドクターブレードという金属の刃で余分なインキをかき取ります。
その後に、印刷する基材と接触させ、圧をかけてインキを転移させます。

塗工液の粘度 30~150 mPa・s
塗工可能幅 ~1,060 mm
膜厚の範囲 1~30 µm
生産能力 大量生産可能

グラビア印刷を使用したNISSHAの加工技術

成形同時加飾転写フィルム IMD

成形同時加飾転写フィルム IMD

3次元形状のプラスチックを成形すると同時に、多様な意匠表現を高い位置合わせ精度で転写する加飾技術

成形同時加飾インサートシステム IML

成形同時加飾インサートシステム IML

IMDよりもフィルムを厚くすることで、非常に高い絞り性と複雑な3次元形状への追従性を実現

一般転写箔

一般転写箔

プラスチック、ガラス、金属など、多種多様な製品の表面に絵付けができるヒートトランスファーフォイル(熱転写箔)は、NISSHAが日本で初めて開発した加飾技術

生産事例

自動車内装パーツ

自動車内装パーツ

家電パーツ

家電パーツ

スマホ・タブレット

スマホ・タブレット

化粧品・文具

化粧品・文具

製品の提供方法

フィルム提供を中心に、お客さまのサプライチェーンや生産体制に合わせて提供することが可能

フィルムの提供 加飾の提供 フィルム+
加飾の提供
フィルム~
成形品の提供
フィルム NISSHA お客さま NISSHA NISSHA
加飾 お客さま NISSHA
成形品 お客さま お客さま

受託生産に関するお問い合せ

受託生産に関するご相談はお気軽にご連絡ください

CLICK