Pulp-Injectionパルプインジェクション

薄さと硬さを両立する
パルプ射出成形品

・衝撃から製品を守る強度
・機能を高める設計自由度(リブやフランジなど)
・樹脂成形品と同等の寸法精度、厚みの安定性(保管時のスタッキング性能、既存の紙箱や製造ラインとの適合性)
・利用者の使いやすさや製品の形を考慮した形状再現性
・紙粉も少なく、清潔感のある外観

成形工程 1.主原料であるパルプとデンプンで専用のペレットを作ります。
2.ペレットと水を混ぜ合わせ流動性を上げて金型内へ射出します。
3.射出成形と同時に熱をかけて金型内で水分を飛ばし乾燥させます。
4.成形後にトリミングしバリを除去し製品が完成します。

特長

薄くて高強度

1mm前後の薄い肉厚ながらプラスチックと同等の強度があり、輸送中の衝撃から製品を保護できます。軽量で強度のある製品を作ることができます。

優れた外観

表面は和紙のような風合いをしており、紙粉が少なく清潔感があります。

自由な形状設計

プラスチックと同等の成形性を持ち、リブやフランジを設けることで、機能性のある自由な設計ができます。

製品スペック

対応寸法(mm) 300 × 300 × 50
標準厚み(mm) 0.6 〜 1.0
最小R(mm) 0.5
想定企画台数(pcs) 200,000 〜