ecosense moldingは、
NISSHA株式会社が展開する
サステナブル成形品のブランドです。

環境にやさしい素材×多様な成形技術
を組み合わせ、
プラスチックに代わる
新しいパッケージ・製品をグローバルに
ご提供します。

ecosense moldingの特長

ecosense moldingは、主原料にパルプを用いたPulp Series(パルプシリーズ)と、木粉や竹などのバイオマス複合材を用いたBiocomposite Series(バイオコンポジットシリーズ)に分かれています。
複数の工法の中から環境対応、形状、機能、サプライチェーン、コスト、ロットなどお客さまのさまざまなご要望に応じて提案します。

Pulp Series

パルプシリーズ

Biocomposite Series

バイオコンポジットシリーズ

トピックス

2024/1/24
NEWS

Pulp-Injectionが「Pharmapack Awards 2024」においてPackaging Innovation賞を受賞しました。詳しくはこちら

EVENT

2024年6/26(水)から6/28(金)までインターフェックスWeekに出展します。
@東京ビッグサイト 東4~5ホール ブース番号:28-31 (医療・化粧品 包装ゾーン)

EVENT

2024年1/17(水)から1/19(金)まで化粧品開発展に出展しました。
@東京ビッグサイト 東4~6ホール ブース番号:20-18 (OEM/ODMゾーン)

EVENT

12/6(水)から12/8(金)までエコプロ2023に出展しました。
@東京ビッグサイト 東5ホール ブース番号:4-903 (「海洋プラスチックごみ対策パビリオン」ブースでの共同出展)

ピックアップ

ピックアップ

NEWS

Pulp-Injectionを用いた自己注射器のキャップが「Pharmapack Awards 2024」においてPackaging Innovation賞を受賞しました。この賞は、医薬品パッケージや薬剤投与デバイスにおける革新的な技術に与えられるもので、サステナビリティを重視した審査基準に基づき、専門家の審査員によって選出されます。

Pulp-Injectionは、パルプとでんぷんを主原料として使用しながらも、プラスチックと同等の形状再現性や強度を有し、精密で複雑な形状の製品を作ることができる工法です。
Pulp-Injectionについてくわしくはこちらからご覧ください。