このシートがロボットの手に触覚を与える

フィルム型触覚センサー

ロボットハンドの把持力を検出
薄くて軽い、曲げられる触覚センサー

押す力(圧力)と滑る力(摩擦力)を検出する3軸力覚センサーです。
厚さ1mm以下の薄くて柔軟なフィルムを基材に使用しているので、
ロボットハンドの指の表面に違和感なく実装することができます。
ロボットハンドの把持力を測定する触覚センサーに最適なフィルムタイプの力覚センサーです。

特長

デモ動画

摩擦力を数値化

センサーの表面にかかる摩擦力(横に滑る力)の向きと強さを定量的に測定できます。
ロボットハンドの指や手のひら部に実装することで、把持した物を握る力だけでなく、”ねじる”、”押し込む”、”引っ張る”などの動作の大きさを測定することが可能になります。

デモ動画

曲げられるフィルム型アレイセンサー

柔軟に曲がるフィルム型触覚センサーは、曲面上に容易に実装が可能。ロボットの指先や手のひらなどの湾曲部にも貼付けて使用することができます。
また、フィルム上には多点同時検出に対応するアレイセンサーを形成することも可能です。3mmピッチのマトリックス状にセンサーを構成することで、ロボットハンドの各部と把持物の間に生じる圧力や摩擦力の分布と向きの詳細なデータを取得することができます。

※イメージ画像です

実装する製品に合わせてサイズをカスタマイズ

ご要望に応じてサイズをカスタマイズします。
フィルムの厚さは1㎜以下で、測定部に貼り付けて使用することができます。また、NISSHAのフィルム型触覚センサーは印刷工法で製造しており、サイズや形状のカスタマイズに比較的容易に対応することができます。ロボットの指先、指の腹、手のひら部など、貼り付け位置に合わせたセンサーパターンをご提案することができます。

このような動きの測定にご活用いただけます

引っ張る

接合、結合部の引張強度の測定。
ロボットハンドで把持し、指の滑りを測定することで引張強度を測定。

引っ張る

磨く、拭く

研磨工程における仕上がり状態の測定。
研磨材の滑る力を測定し、研磨面の粗度を算出。

磨く、拭く

ねじる

ネジ部の締め付け動作におけるトルクの測定。
ねじり動作におけるロボットの握力と指の滑りからトルクを算出。

ねじる

まずはお問い合わせください

お客さまの測りたい特性に合わせた触覚センサーをご提案いたします。

CLICK

当製品は開発品です。
デモ機をご覧いただけますので、お気軽にご連絡ください。

開発品

フィルムデバイスに関するお問い合わせ

・ショールーム見学
・開発、試作、量産委託のご相談
その他、フィルムデバイスに関するご質問、ご相談はお気軽にご連絡ください。

CLICK