FilmDeviceコラム

~フィルムデバイスの基礎から応用~

静電容量方式タッチパネルとは

静電容量方式タッチパネルとは

タッチセンサー
ディスプレイの画面に直接触れてデバイスを操作するタッチパネルは、マウスやキーボードのような入力装置を ... もっと見る
電子部品製造で活躍するスクリーン印刷について解説

電子部品製造で活躍するスクリーン印刷について解説

製造技術
古くから文字や模様の印刷を行う際に使われてきたスクリーン印刷の技術は、エレクトロニクス分野でも活用が ... もっと見る
薄い、軽い、曲げられる フィルムヒーターの特長を解説

薄い、軽い、曲げられる フィルムヒーターの特長を解説

フィルムヒーター
フィルムヒーターとは フィルムヒーターは、プラスチックフィルム基材の上に電熱線を形成して作られる、「 ... もっと見る
さまざまな分野での摩擦力測定を可能にする NISSHAの摩擦・せん断力センサー

さまざまな分野での摩擦力測定を可能にする NISSHAの摩擦・せん断力センサー

フォースセンサー
物体と物体が接触して動く際、その接触面には摩擦力が生じます。ネジ、ベアリング、衣服、靴、オイル……。 ... もっと見る
フィルムデバイス生産で活躍するフォトエッチング加工の基礎知識

フィルムデバイス生産で活躍するフォトエッチング加工の基礎知識

エッチング加工の基礎 エッチング加工は、液体やガス状の薬品により素材表面を腐食させて目的の形状を形成 ... もっと見る
フィルムデバイスの基材となるベースフィルムの種類と特長

フィルムデバイスの基材となるベースフィルムの種類と特長

ベースフィルムの役割 フィルムデバイスを形成する基材のことをベースフィルムと呼びます。ベースフィルム ... もっと見る
Loading...
フィルム型圧力センサーの利点と用途を知る
1.圧力センサーの種類と特長 物体の表面に力を加えると、その面に圧力が生じます。パイプ内を気体や液体 ... もっと見る

フィルム型圧力センサーの利点と用途を知る

フォースセンサー
どのように選ぶ? フィルムデバイスの加工方法 
フィルムデバイス加工技術の基礎 フィルムデバイスの基材となるベースフィルムには、厚さ30〜150μm ... もっと見る

どのように選ぶ? フィルムデバイスの加工方法 

フィルムデバイスとは
フィルムデバイスとは フィルムデバイスとは、とても薄いフィルムの上にさまざまな機能を付加したものです ... もっと見る

フィルムデバイスとは

フィルムデバイス
人の歩く動作をデータ化-スマートシューズとは
歩行を「見える化」するスマートシューズ スマートフォンやスマートウォッチ、スマートテレビなど、現代社 ... もっと見る

人の歩く動作をデータ化-スマートシューズとは

フォースセンサー
在庫管理の自動化に活用されるセンサー技術
1.自動化、省人化が求められている在庫管理システム 在庫管理は様々な業界で行われています。小売業、製 ... もっと見る

在庫管理の自動化に活用されるセンサー技術

フォースセンサー
フィルムデバイスの活用事例
私たちの身近で幅広く活躍するフィルムデバイス 厚さ100μmほどのフィルム基材の上に電気的機能を付加 ... もっと見る

フィルムデバイスの活用事例

フィルムデバイス
Loading...
電子部品製造で活躍するスクリーン印刷について解説
古くから文字や模様の印刷を行う際に使われてきたスクリーン印刷の技術は、エレクトロニクス分野でも活用が ... もっと見る

電子部品製造で活躍するスクリーン印刷について解説

フィルムデバイス生産で活躍するフォトエッチング加工の基礎知識
エッチング加工の基礎 エッチング加工は、液体やガス状の薬品により素材表面を腐食させて目的の形状を形成 ... もっと見る

フィルムデバイス生産で活躍するフォトエッチング加工の基礎知識

フィルムデバイスの基材となるベースフィルムの種類と特長
ベースフィルムの役割 フィルムデバイスを形成する基材のことをベースフィルムと呼びます。ベースフィルム ... もっと見る

フィルムデバイスの基材となるベースフィルムの種類と特長

フィルムデバイスの量産技術 NISSHAのロール to ロール技術を紹介
Web検索からこの記事にたどり着かれた皆さんは「ロールtoロール」という言葉を既にご存知の方も多いで ... もっと見る

フィルムデバイスの量産技術 NISSHAのロール to ロール技術を紹介

光と電気を通す透明導電膜
透明導電膜とは 透明導電膜は、金属材料と同じように導電性を持ちながら、可視光を透過する性質を持つ材料 ... もっと見る

光と電気を通す透明導電膜

どのように選ぶ? フィルムデバイスの加工方法 
フィルムデバイス加工技術の基礎 フィルムデバイスの基材となるベースフィルムには、厚さ30〜150μm ... もっと見る

どのように選ぶ? フィルムデバイスの加工方法 

フィルムデバイス生産で活躍するフォトエッチング加工の基礎知識
エッチング加工の基礎 エッチング加工は、液体やガス状の薬品により素材表面を腐食させて目的の形状を形成 ... もっと見る

フィルムデバイス生産で活躍するフォトエッチング加工の基礎知識

フィルムデバイスの基材となるベースフィルムの種類と特長
ベースフィルムの役割 フィルムデバイスを形成する基材のことをベースフィルムと呼びます。ベースフィルム ... もっと見る

フィルムデバイスの基材となるベースフィルムの種類と特長

フィルムデバイスの量産技術 NISSHAのロール to ロール技術を紹介
Web検索からこの記事にたどり着かれた皆さんは「ロールtoロール」という言葉を既にご存知の方も多いで ... もっと見る

フィルムデバイスの量産技術 NISSHAのロール to ロール技術を紹介

光と電気を通す透明導電膜
透明導電膜とは 透明導電膜は、金属材料と同じように導電性を持ちながら、可視光を透過する性質を持つ材料 ... もっと見る

光と電気を通す透明導電膜

どのように選ぶ? フィルムデバイスの加工方法 
フィルムデバイス加工技術の基礎 フィルムデバイスの基材となるベースフィルムには、厚さ30〜150μm ... もっと見る

どのように選ぶ? フィルムデバイスの加工方法 

フィルムデバイスの活用事例
私たちの身近で幅広く活躍するフィルムデバイス 厚さ100μmほどのフィルム基材の上に電気的機能を付加 ... もっと見る

フィルムデバイスの活用事例

静電容量方式タッチパネルとは
ディスプレイの画面に直接触れてデバイスを操作するタッチパネルは、マウスやキーボードのような入力装置を ... もっと見る

静電容量方式タッチパネルとは

ユーザーインターフェースとは ―入力装置の今とこれからをまとめてみる
人が機械との間で情報伝達を行うユーザーインターフェースには、マウスやキーボードなど様々な種類がありま ... もっと見る

ユーザーインターフェースとは ―入力装置の今とこれからをまとめてみる

手袋入力も可能!進化する静電容量式タッチパネル
1.静電容量式タッチパネルでは、なぜ手袋入力が難しいのか 手袋をしたままスマートフォンを操作しようと ... もっと見る

手袋入力も可能!進化する静電容量式タッチパネル

タッチパネルは接触から非接触へ タッチレス操作の非接触タッチパネルとは
非接触タッチパネルとは スマートフォンの画面や、自動券売機のパネルなど、画面をタッチすることで情報を ... もっと見る

タッチパネルは接触から非接触へ タッチレス操作の非接触タッチパネルとは

方式別タッチパネル紹介
タッチパネルは、モバイル端末ディスプレイや産業用HMI、ハンディターミナル、車載CID、ATMなど、 ... もっと見る

方式別タッチパネル紹介

さまざまな分野での摩擦力測定を可能にする NISSHAの摩擦・せん断力センサー
物体と物体が接触して動く際、その接触面に ... もっと見る

さまざまな分野での摩擦力測定を可能にする NISSHAの摩擦・せん断力センサー

ユーザーインターフェースとは ―入力装置の今とこれからをまとめてみる
人が機械との間で情報伝達を行うユーザーイ ... もっと見る

ユーザーインターフェースとは ―入力装置の今とこれからをまとめてみる

人の歩く動作をデータ化-スマートシューズとは
歩行を「見える化」するスマートシューズ ... もっと見る

人の歩く動作をデータ化-スマートシューズとは

ロボットに新たな感覚を付与する、NISSHAの触覚センサー
指で押し込んだ時に感じる物の弾力。手を横 ... もっと見る

ロボットに新たな感覚を付与する、NISSHAの触覚センサー

在庫管理の自動化に活用されるセンサー技術
1.自動化、省人化が求められている在庫管 ... もっと見る

在庫管理の自動化に活用されるセンサー技術

フィルム型圧力センサーの利点と用途を知る
1.圧力センサーの種類と特長 物体の表面 ... もっと見る

フィルム型圧力センサーの利点と用途を知る

薄い、軽い、曲げられる フィルムヒーターの特長を解説
フィルムヒーターとは フィルムヒーターは、プラスチックフィルム基材の上に電熱線を形成して作られる、「 ... もっと見る

薄い、軽い、曲げられる フィルムヒーターの特長を解説

フィルムデバイスに関するお問い合わせ

・ショールーム見学
・開発、試作、量産委託のご相談
その他、フィルムデバイスに関するご質問、ご相談はお気軽にご連絡ください。

CLICK