電極フィルムのインサート成形

NISSHAの新技術「IME」の紹介

IMEの紹介

IME (In-mold Electronics,インモールドエレクトロニクス)
成形樹脂に、電気的機能を持った電極フィルムを一体成型する技術です。

従来は粘着剤などを使用して樹脂と電極フィルムを接着させていましたが、NISSHA IMEでは樹脂パーツと電極フィルムをインサート成形により一体化できます。

3Dや曲面形状に電極を形成できる、MID(Molded Interconnect Device)技術の1つです。

※IMEは、NISSHA株式会社の登録商標です。

成形樹脂パーツ

成形樹脂パーツ

電極フィルム

電極フィルム

一体パーツとして提供

NISSHA IME

NISSHA IME

NISSHA IMEのメリット

従来工法では難しかったことを、NISSHA IMEで実現できます。
これまでできなかったデザインの実現や品質問題の解決、複雑な工程の簡素化などに貢献します。

多様な外観デザインを実現

意匠フィルムによる多彩な表現

意匠フィルムによる多彩な表現

塗装では難しい多様な色彩や絵柄、質感を表現できます。

透明部・光透過部の表現

透明部・光透過部の表現

透明な樹脂を使用した光透過表現も得意としています。
LEDとの組合せにより、さらに多彩な表現を実現できます。

自由な設計が可能

曲面や凹凸のある形状への電極フィルムの一体化

曲面や凹凸のある形状への機能部品フィルムの一体化

後から貼るのが難しい3D形状や、凹凸のある形状でも電極フィルムを一体化することができます。

パーツの小型化・薄型化・軽量化

パーツの小型化・薄型化・軽量化現

電極フィルムを樹脂パーツと一体化することで小型化・薄型化・軽量化できます。

ハーネスレスの実現

基板レス・ハーネスレスの実現

電極フィルムの回路取り出しは、ピンやフィルムからの延長回路によりハーネスレスを実現できます。

設計の最適化

設計の最適化

意匠、構造、電気機能をトータルソリューションで提案できます。

信頼性の向上

粘着剤レス構造による信頼性の向上

粘着剤レス構造により高い信頼性を確保できます。

その他のメリット

工程の削減

工程の削減

パーツの一体化により、お客さまでの組み立て工程が不要になります。

調達の簡素化

調達の簡素化

パーツの成形、意匠の付与、電極フィルムのインサートまで一貫して行えます。

サステナビリティ

サステナビリティ

塗装と比較すると有機溶剤の使用量が少なく、環境にやさしい製品です。

NISSHA IMEで電気機能部品を一体化

NISSHA IMEでは樹脂パーツと電気機能部品を一体化できます。
これまで別部品としてアセンブリしていた電気機能部品を、樹脂パーツにインサート成形します。

電気機能部品の例

タッチセンサー

タッチセンサー

タッチスイッチ

タッチスイッチ

アンテナ

アンテナ

ヒーター

ヒーター

LED

LED

NISSHA IMEを支える加飾成形技術

NISSHA IMEにおいてキーとなる技術が、NISSHA IMD/IMLです。
NISSHAでは長年培ってきたIMD/IML技術を応用して、パーツ成形と同時の意匠付与だけでなく、
さらに電極フィルムを一体化することに成功しました。

成形同時加飾技術 IMDについて

成形同時加飾技術 IMDについて

IMDとは、フィルム(転写箔)に印刷された意匠のみを成形時に樹脂表面へ転写する方法です。
射出成形の金型内で、フィルムによる同時加飾を行うことで、工程数を減らすとともに、形状に追従した高いデザイン性の意匠を実現することができます。

成形同時加飾技術 IMLについて

成形同時加飾技術 IMLについて

IMLとは、意匠フィルムを事前に製品と同じ形に加工(フォーミング)し、その後射出成型により樹脂と一体化させる技術です。
IMDより深絞りな形状に対応でき、高い物性と深みのある高品位な外観(つや消し処理も可能)との両立を実現しています。

開発事例

UIパネルへの電極・センサーインサート

UIパネルへの電極・センサーインサート

マテリアルインサート

マテリアルインサート

エラストマーボタン

エラストマーボタン

レーダーカバー

レーダーカバー

生産拠点

NISSHAではグローバルに生産拠点を有しており、お客さまへのスピーディーな製品供給が可能です。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

CLICK