加飾同時成形技術 IMD/IML

加飾同時成形技術 IMD/IMLについて

IMD ( In – mold Decoration )

IMDは、射出成形時にフィルム(転写箔)に印刷された意匠のみを3D形状のプラスチック表面に転写する技術です。
この技術は、家庭用電化製品、自動車、医療/ヘルスケア機器で広く使用されており、
高品質で生産性の高いお客さまオリジナルデザインの樹脂成型部品をサポートします。

IMDのメリット

ハードコート保護

ハードコート保護

NISSHAのUV硬化ハードコート層は、二次プロセスなしで表面を傷、化学薬品、紫外線から保護します。

3D形状への加飾

3D形状への加飾

射出成形と同時に加飾できるため、3D形状に合わせた意匠表現が可能です。

高い位置精度

高い位置精度

NISSHAの箔供給システムは光学センサーによって管理され、+ /-0.25mmの正確な位置合わせが可能です。

ロールtoロールによる高い生産性

ロールtoロールによる高い生産性

フィルム印刷とIMD成形は、ロールtoロールで自動化され、効率的で高い生産性を有しています。

環境にやさしい製品

環境にやさしい製品

インクは、最小限の厚みで必要な領域のみに印刷されます。これにより揮発性有機化合物を減らすことができます。

静電タッチセンサーとの組合せ

静電タッチセンサーとの組合せ

NISSHAのIMD加飾は静電センサーとの相性が良く、センサーの機能を阻害しません。

製造方法

構造

成形同時加飾技術 IMDについて

IMDはシンプルで生産の高いプロセスです。
意匠は、事前/二次プロセスなしで金型内で行われ、プロセス全体がロールtoロール工法によって実施されます。
ハードコート保護を含む加飾は、一度の成形で完了します。

製造工程

グラビア印刷

グラビア印刷

IMDフィルムは、高速グラビア印刷プロセスによって印刷されます。
この印刷プロセス中に、グラフィックカラー最大7層に加えてハードコート層と粘着層が付与されます。

IMD成形

IMD成形

フィーダーが射出成形機に取り付けられています。次に、IMDフィルムが射出成形ツールの間に供給されます。フィーダー内の光学センサーがフィルムの位置を調整し、フィルムに印刷されたインクが射出成形の熱と圧力によってプラスチックに転写されます。

製品

製品

射出成形後、装飾製品が完成します。二次プロセスは必要ありません。 (UV硬化ハードコートの場合は、別途UV硬化工程があります。)

デザインの例

Depth / Multi layer effect

Depth / Multi layer effect

Hidden til lit

Hidden til lit

Brushed Hair Line

Brushed Hair Line

Gradation

Gradation

Marble stone

Marble stone

Wood grain

Wood grain

Leather

Leather

Fabric texture

Fabric texture

IML ( In – mold Labeling )

IMLは、3D形状プラスチック表面に
事前に印刷・成形したフィルムを射出成形中にフィルムとプラスチックが結合することを利用して貼り付ける技術です。
この技術は、深く複雑な形状を装飾するのに特に適しています。
さらに、表面のIMLフィルム層により、奥行き感と堅牢な物理的特性を備えた高品質の外装を実現します。

IMLのメリット

複雑な曲面形状に対応

複雑な曲面形状に対応

射出成形前の専用成形プロセスにより、IMLフィルムの深絞りと複雑な形状が形成されます。

IMLフィルム層による保護

IMLフィルム層による保護

意匠層は、IMLフィルムにより摩耗から保護されます。UVや耐薬品性などは特殊なフィルムを使うことで対応可能です。

多彩な表面仕上げ

多彩な表面仕上げ

独自のコーティングおよび印刷技術により、触感、ステンレス鋼、天然木材、布のような模様などを含む自然な仕上げを実現します。

ロールtoロールによる高い生産性

生産ロットの柔軟性

印刷方法のバリエーションにより、少量生産から大量生産まで柔軟に対応します。

環境にやさしい製品

環境にやさしい製品

インクは、最小限の厚みで必要な領域のみに印刷されます。これにより揮発性有機化合物を減らすことができます。

製造方法

構造

成形同時加飾技術 IMLについて

IMLプロセスは、印刷、フィルム成形、トリミング、射出成形という複数のステップで構成されています。
専用の成形プロセスにより、IMLプロセスは、深絞り部品や複雑な形状に適しています。
また、キャリアフィルムはIMLプロセスで表面に残るため、優れた物理的特性と奥行き感を備えた高品質の外装を実現できます。

製造工程

印刷

印刷

IMLフィルムの場合、NISSHAにはグラビア印刷とシルクスクリーン印刷の2つの印刷方法があります。設計仕様と生産量に応じて、最適な印刷方法が選択されます。

成形とトリミング

成形とトリミング

IMLフィルムは成形機にセットされ、高熱または高圧により部品の形状の形状に成形されます。次に、周辺フィルムをダイカット機またはレーザーでトリミングします。

IML成形

IML成形

成形されたIMLフィルムは、射出成形ツールに挿入され、樹脂と組み合わされます。

製品

製品

射出成形後、装飾製品が完成します。

IMDとIMLの比較

IMD IML
レイヤー構造 成形同時加飾技術 IMLについて 成形同時加飾技術 IMLについて
キャリアフィルム 残らない 残る
生産方式 ロールtoロール シート
製造工程 単一工程(成形のみ) 複数工程(フィルム成形/トリミング/樹脂成形)
3D形状 浅い形状向き 角、深い形状にも対応
ロット 大量生産向き 小ロットから対応

デザインの例

デザインの例

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

CLICK