バラ積みピッキングの自動化に貢献できる
NISSHAの摩擦せん断力センサー

生産効率を上げる上で欠かせない自動化工程の一つとして、製品のピッキング作業が挙げられます。特に、バラ積みの製品を自動でピッキングすることは難しく、実現するためにさまざまな技術が導入されています。

今回はバラ積みピッキングの概要や自動化する難しさ、バラ積みピッキングロボットの実現に必要な技術について解説します。

バラ積みピッキングとは

バラ積みピッキングとは箱の中にバラバラに積まれているワークを持ち上げる動作のことを言います。箱の中に無造作に入れられたワークはそれぞれ異なる方向を向いているため、整列したワークをピッキングするよりもはるかに難しくなります。一方で、ワークを整列し直す作業やスペースは不要になるため、生産効率は大幅に向上します。

そこで、ロボットに搭載されるカメラの画像認識技術や、ピッキングをする際の把持・吸着技術が向上したことで、製造工程にバラ積みピッキングロボットを導入する動きが進められています。

バラ積みピッキングロボット導入のメリット

バラ積みピッキングロボットを導入することで、
人手不足の解消や段取り時間の短縮といったメリットが得られます。

人手不足の解消

バラ積みワークのピッキングは手作業で行われることがほとんどで、製品点数が多い場合は複数人で作業しなければならず、生産効率を上げるためには人員を増やすといった対応が必要でした。

バラ積みピッキングの工程を自動化することで、人手を補完し、これまでピッキング作業に当てていた人員を技術開発などのより付加価値の高い業務に割り当てることも可能です。少子高齢化が進み、人材確保が難しい状況において、こうした不足の解消は大きなメリットとなります。

また、騒音環境下や暑熱環境下、重量物作業などの場合には、ロボットが作業を代替することで作業者の労働負荷低減も実現できます。

段取り時間の短縮

ワークを事前に整列させる方式の工程では、部品種類ごとに段取り替えをしたりする必要がありました。
一方、バラ積みピッキングを採用した工程ではワークを事前に並べる必要はありません。また複数種類のワークが混載された状態で作業を行う場合もあります。

バラ積みピッキングロボットの中には、高度なカメラ画像処理技術により、複数種類のワークを判別できるものもあります。ロボットが作業を行うための事前準備が必要なく、段取り時間を短縮することで、生産効率の向上を実現できます。

バラ積みピッキングロボットに必要な技術

バラ積みピッキングロボットは、ロボットアーム、ワークを掴むロボットハンド、ワークを認識するカメラによって構成されます。技術的な要素としては、ワークの認識やワークの把持・吸着といった技術が必要とされます。

ピッキングするワークの認識

ワークを正しくピッキングをするためには、バラ積みされた複数種のワークの中からピッキングしたい対象物を見分け、そのワークの向きを正確に把握する必要があります。

多くのピッキングロボットはアーム部分に取り付けられたカメラでワークを撮影し、AIなどを用いてリアルタイムで画像処理を行うことで物体の位置情報を把握しています。カメラには3Dカメラが使われる場合もあります。

ワークの把持/吸着

物体の位置や向きを認識した後は、そのワークを正確に把持・吸着する必要があります。

掴み方は大きく分けて2種類あります。
一つは人間の手のように把持するタイプ、もう一つはエアーなどをつかった吸着するタイプです。どのような方法を取るかはワークの材質や形状、重さによって変わってきます。

ピッキングの際はワークを落としたり、傷つけたりしないように微妙な力加減を制御することが求められ、高精度のバラ積みピッキングを実現するためには複雑な制御が必要になってきます。

ピッキングロボットに活用できるNISSHAの摩擦せん断力センサー

NISSHAはフィルム型摩擦・せん断力センサーを開発しています。
このフィルム型摩擦・せん断力センサーは、垂直方向の力に加え横方向の摩擦力も計測できるため、ワークを掴む精度の向上が可能です。
また、センサーはフィルム状であり、ロボットハンドへの搭載に適しています。

このセンサーを活用できる具体的なシーンを、2つ紹介します。

ハンド把持位置のミスマッチの検出

カメラだけでワークの向きを正確に認識するには、いまだいくつかの課題があります。たとえば金属光沢の強いワークに対してカメラの撮像データはバラツキが大きくなる傾向があることなどが挙げられます。このような誤認識によってワークを斜めに掴んでしまうといったハンド把持位置のミスマッチが生じる場合があります。
このミスマッチが発生すると搬送時にワークが落下したり、次工程への投入角度を間違えるなど、生産を一時的または長時間にわたり停止させてしまう「チョコ停、ドカ停」の原因になりかねません。

NISSHAのフィルム型摩擦・せん断力センサーは、このようなハンド把持位置のミスマッチの検出への活用が期待できます。

ロボットハンドとワークの接触部で検出される摩擦力の方向は、把持位置が正しい場合とミスマッチしている場合とでずれが生じます。この摩擦方向のずれを検出することで、ワークを掴み直す必要があるのかどうかの判断ができると考えます。

画像認識の補助

カメラの画像認識によりワークの形状や向きを把握する場面においても摩擦・せん断力センサーを活用できます。
たとえば、カメラの画像認識では大まかな把持位置を特定し、ワークを把持する際には摩擦・せん断力センサーでハンドとワーク界面の摩擦力を検出して把持位置の微調整を行うといったシステムを構築することができるかもしれません。

画像処理は、要求する精度が高くなればなるほどシステム開発に時間とコストが掛かってしまいます。摩擦・せん断力センサーは把持システムの効率的な開発に貢献します。

多品種に対応できるロボットハンドの開発

これまで紹介してきた画像認識などの課題から、現在開発されているバラ積みピッキングロボットの中にはワークの形状によってハンドを付け替えなければならないものも有ります。そこで摩擦・せん断力センサーを使ってハンド/ワーク間の摩擦データを取得することで、画像認識のバラツキがより正確に補正され、さまざまなワークに対応できるロボットハンドを開発することができるかもしれません。

このように、NISSHAの摩擦せん断力センサーを用いれば、バラ積みピッキングロボットのシステムコスト低減や性能向上を実現できる可能性があります。興味を持って頂けた場合には、ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

ロボットアームに役立つ6軸力覚センサー特徴や3軸との比較を解説
製造業界では、人手不足や生産効率向上の観点から、今まで人間が担っていた手作業をロボットアームに代替さ ... もっと見る

ロボットアームに役立つ6軸力覚センサー特徴や3軸との比較を解説

フォースセンサー
モーメントセンサーとしての摩擦・せん断力センサーの活用
モーメントとは、ある点を中心に物体を回転させるはたらきの大きさのことを指します。 「力の大きさ」×「 ... もっと見る

モーメントセンサーとしての摩擦・せん断力センサーの活用

フォースセンサー
ロボットの滑り覚測定に活用できるNISSHAの摩擦・せん断センサー
滑り覚とは、物体同士の位置変化が生じる際の速度や量を表します。滑り覚の研究は、ロボット開発の分野で重 ... もっと見る

ロボットの滑り覚測定に活用できるNISSHAの摩擦・せん断センサー

フォースセンサー
把持力とは?把持力測定を活用した研究開発事例を紹介
NISSHAでは、把持力の測定に活用できる摩擦・せん断力センサーを開発しています。この記事では、把持 ... もっと見る

把持力とは?把持力測定を活用した研究開発事例を紹介

フォースセンサー
協働ロボットとは?特徴や産業用ロボットとの違いを解説
協働ロボットとは、人間と同じ空間で協働作業ができるロボットのことを指します。 消費者の趣味趣向は年々 ... もっと見る

協働ロボットとは?特徴や産業用ロボットとの違いを解説

フォースセンサー
触覚のメカニズムとは?圧力や凹凸、温度を感じる仕組みを解説
「触覚」はその名のとおり、ものを「触った」際に生じる感覚です。 水を触ったときに冷たさを感じたり、針 ... もっと見る

触覚のメカニズムとは?圧力や凹凸、温度を感じる仕組みを解説

フォースセンサー
座圧センサーとしての用途や活用方法を解説 ~NISSHAの摩擦・せん断力センサー~
座圧測定をする際には、一般的に垂直方向の力を測定できるセンサーを使用します。一方で、NISSHAは座 ... もっと見る

座圧センサーとしての用途や活用方法を解説 ~NISSHAの摩擦・せん断力センサー~

フォースセンサー
足圧センサーとしての用途や活用方法を解説 ~NISSHAの摩擦・せん断力センサー~
NISSHAの開発している摩擦・せん断力センサーは足圧の測定に活用できます。一般的に足圧を測定する際 ... もっと見る

足圧センサーとしての用途や活用方法を解説 ~NISSHAの摩擦・せん断力センサー~

フォースセンサー
急速に開発が進むソフトロボティクス 取り組み事例や課題を解説
「ロボット」と聞くと硬い金属でできたイメージを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 硬い材質の ... もっと見る

急速に開発が進むソフトロボティクス 取り組み事例や課題を解説

フォースセンサー
カメラを活用したロボットハンド制御 メリットデメリットを解説
産業用ロボットや搬送用ロボットなど、製品を取り扱うロボットには必ずと言っていいほど「ロボットハンド」 ... もっと見る

カメラを活用したロボットハンド制御 メリットデメリットを解説

フォースセンサー
人間が感じる触覚の評価指標と計測デバイスについて解説
5Gなどの通信技術の向上と共に、ロボットの遠隔操作のように「自分の体と同調させて操作をする」技術や、 ... もっと見る

人間が感じる触覚の評価指標と計測デバイスについて解説

遠隔操作、自動化できる工程を触覚センサーによって拡大可能に
ロボットの遠隔操作技術の進歩によって、これまで人間がやっていた作業をロボットが実施できるようになって ... もっと見る

遠隔操作、自動化できる工程を触覚センサーによって拡大可能に

フォースセンサー
摩擦・せん断力センサーを応用した入力インターフェース
NISSHAの摩擦・せん断力センサーは、「ねじる、こする、弾く」などの多様な入力を可能にする力覚検知 ... もっと見る

摩擦・せん断力センサーを応用した入力インターフェース

フォースセンサー
ロボットハンドに使われるセンサーとは? トルクセンサーなど代表的な力覚、触覚センサーを解説
指先を使って作業をするとき、人間はさまざまな感覚を使いながら動きをコントロールしています。同じような ... もっと見る

ロボットハンドに使われるセンサーとは? トルクセンサーなど代表的な力覚、触覚センサーを解説

フォースセンサー
正確な力を測るのに欠かせない! 力覚センサーに求められる特性や種類を解説!
力覚センサーは複合的に作用している力の状態を計測できるセンサーです。臨機応変な対応が求められる高度な ... もっと見る

正確な力を測るのに欠かせない! 力覚センサーに求められる特性や種類を解説!

フォースセンサー
ロボットの進化に必須! 触覚センサーの種類と原理を解説
工場などで使われている従来のロボットには、あらかじめ決められた動きやルールに従って動作する位置制御が ... もっと見る

ロボットの進化に必須! 触覚センサーの種類と原理を解説

フォースセンサー
タクタイルとは? 心地いい使用感や直感的な操作にかかせない性質
私たちの身の回りには多くの入力インターフェース(機械と人間とをつなぐ接点)があります。これらを操作す ... もっと見る

タクタイルとは? 心地いい使用感や直感的な操作にかかせない性質

フォースセンサー
摩擦力、せん断力の面内分布を測定可能!さまざまな製品の研究開発に応用できます
製造業の研究開発部門では、摩擦力、せん断力を測定したいというニーズがあります。ロードセルのように、1 ... もっと見る

摩擦力、せん断力の面内分布を測定可能!さまざまな製品の研究開発に応用できます

フォースセンサー
ロボットハンドの種類と特徴を解説、さらなる高性能化を考察
ロボットは生産、加工現場だけでなく、医療、福祉などさまざまな場面で活用されています。ロボットに求める ... もっと見る

ロボットハンドの種類と特徴を解説、さらなる高性能化を考察

フォースセンサー
面圧の測定方法とセンシングデバイスを紹介
製造業の研究、開発現場ではさまざまな特性値を測定して、技術ノウハウを蓄積しています。面圧は、摩擦力を ... もっと見る

面圧の測定方法とセンシングデバイスを紹介

フォースセンサー
注目される食品工場でのロボット利用 活用事例と導入課題の解決策を解説
食品工場では、少子高齢化の進行による人手不足対策や生産性向上、作業者の負担軽減を目的として、ロボット ... もっと見る

注目される食品工場でのロボット利用 活用事例と導入課題の解決策を解説

フォースセンサー
AR
現実とデジタル情報を融合させるxR(xReality)技術は、近年、開発と実用化が進んできました。 ... もっと見る

開発と実用化が進むxR-仮想世界で活躍するインターフェース技術を紹介

摩擦力・せん断力とは-NISSHAの摩擦・せん断力センサー技術
物体と物体が接触して動く際、その接触面には摩擦力が生じます。ネジ、ベアリング、衣服、靴、オイル……。 ... もっと見る

摩擦力・せん断力とは-NISSHAの摩擦・せん断力センサー技術

フォースセンサー
ユーザーインターフェースとは ―入力装置の今とこれからをまとめてみる
人が機械との間で情報伝達を行うユーザーインターフェースには、マウスやキーボードなど様々な種類がありま ... もっと見る

ユーザーインターフェースとは ―入力装置の今とこれからをまとめてみる

人の歩く動作をデータ化-スマートシューズとは
Contents1 歩行を「見える化」するスマートシューズ2 スマートシューズで何ができるか3 スマ ... もっと見る

人の歩く動作をデータ化-スマートシューズとは

フォースセンサー
ロボットに新たな感覚を付与する、NISSHAの触覚センサー
指で押し込んだ時に感じる物の弾力。手を横に滑らせたときに感じる、ひっかかるようなザラザラとした表面の ... もっと見る

ロボットに新たな感覚を付与する、NISSHAの触覚センサー

フォースセンサー
フィルム型圧力センサーの利点と用途を知る
Contents1 1.圧力センサーの種類と特長1.1 ひずみゲージ式圧力センサー1.2 圧電効果式 ... もっと見る

フィルム型圧力センサーの利点と用途を知る

フォースセンサー

見積り依頼/技術に関する相談

フィルムディバイス開発や量産におけるご相談はお気軽にご連絡ください

CLICK